クレカの基本

クレジットカードとはカードを使ってショッピングができる金融サービスになります。

現金を使う事なくショッピングができるのですが、そのシステムはクレジットカードを使って商品を購入すると、購入先にはクレジットカード会社が支払いをします。

決められた支払日になるとクレジットカード会社が指定口座から引き落とすという流れになります。

カードを持っていれば現金がなくても商品を購入することができるため、とても便利に活用することができるのです。

またカード会社によっては利用した金額に応じてポイントが貯まるようになっています。ポイントはカードの支払いに利用できたり、金券やカード会社が用意しているアイテムと交換することができるのです。

それによって現金でショッピングするよりもお得になるのです。

クレジットカードには沢山の種類があるため、それぞれの特徴やポイントの還元率、年会費や入会費などを比較して選べるようになっています。

また頻繁に利用する百貨店やコンビニ、ガソリンスタンドなどと提携しているカードを作れば、割引されるなど様々な優待を受ける事もできるのです。

またカード作る際にはショッピングだけでなくキャッシング機能をつけることもできるのです。


鉄道会社とクレジットカードの関係

商品を買ったりサービスを受けたりするときには、代金を支払う必要があります。当然ながら鉄道を利用するときにも、乗車料金という形で支払いを行います。

このときの決済手段として、現金や電子マネーが挙げられますが、クレジットカードもあります。

最近では大手鉄道会社でにおいてもクレジットカードを発行しており、利益を得るための手段としています。

例えばクレジットカードを発行した会員に対して、乗車料金を安くしています。

つまり大手鉄道会社は集客において、カード払いという手段を用いているということです。

なお大手鉄道会社の中には、電子マネーとクレジットカードの機能を持つカードを発行しているところがあります。

このカードは現金のチャージではなくて、利用した翌月に支払うという形でチャージします。

また別の大手鉄道会社においては、カード発行者に対して次のようなサービスを提供しています。

それは高速鉄道の利用料金を安くするだけでなく、座席を決めることができるようにすることです。

パソコンやスマートフォンを使うことによって、座る場所を決めることができるのです。

さらに、高速鉄道に乗車する前まで手数料無しで、乗車予定の高速鉄道を変えたりできるようにしています。